JEROBOAM CO.,LTD JEROBOAM CO.,LTD
ドメーヌ・ハイツ・ロシャルデ
TOPページ > 生産者紹介 > フランス > ドメーヌ・ハイツ・ロシャルデ

Heitz-Lochardet  ドメーヌ・ハイツ・ロシャルデ

ドメーヌ・ハイツ・ロシャルデのワイナリーの歴史を紐解くと1857年にまで遡ります。フィロキセラ害によって売りに出ていた畑をジョルジュ・ロシャルデが購入し た事が全ての始まりです。1983年にジョルジュの孫娘ブリジットがクリスチャン・ハイツと結婚し、ハイツ・ロシャルデの名でブド ウ栽培を始めました。収穫したブドウは全てボーヌのメゾン・ジョセフ・ドルーアンに販売していましたが、ブリジットの息子アルマ ン・ハイツが醸造学を学び、2012年から家族が所有する畑の一部区画でブドウ栽培を始めました。その後、ドメーヌ・ハイツ・ロ シャルデを設立し、2013年ヴィンテージを初めてリリースしました。テロワールを最大限に引き出すため、畑ではビオディナミを 実践しています。糖と酸のバランスが最大限に取れたところで収穫し、ピノ・ノワール、シャルドネ双方とも全房発酵を行います。 これにより複雑性や凝縮感が増すと考えています。軽くプレスした後、ほぼ濁った果汁のまま澱と共に樽で約一年間熟成させ ます。毎年少しずつ畑を増やしながら意欲的にワイン造りを行っており、ブルゴーニュの未来を担う若手醸造家としてジャシス・ ロビンソンも注目している期待の新星ワイナリーです。



ブルゴーニュ・ブラン・レ・デュロ
Bourgogne Blanc Les Durots 2013
ブルゴーニュ・ブラン・レ・デュロ

【ジャンシス・ロビンソン・テイスティング・コメント】:
ムルソー地区ゆえか、非常に濃厚でややねっとりとしているが様々な要素が詰まっている。クリーミーで一般的なブルゴーニュ・ブランよりもはるかに粘性があり、圧倒的な酸を備えている。

飲み頃:
2015-2020、スコア16+/20

品種:シャルドネ100%
畑:0.35ha、ムルソー村に位置し、粘土石灰質土壌

 
   

シャサーニュ・モンラシェ・プルミエ・クリュ・ラ・マルトロワ
Chassagne Montrachet 1er Cru La Maltroye
シャサーニュ・モンラシェ・プルミエ・クリュ・ラ・マルトロワ



【ジャンシス・ロビンソン・テイスティング・コメント】:
非常にたくましく、擦ったマッチのような香りもあるが、とてもクリーンで緻密な味わい。他の生産者のマルトロワよりもよく開い ている。ミドル・ボディーでフレッシュで溌剌、がっしりとして硬く、豊かな酸と非常にクリーンな果実味。ブラヴォー!

飲み頃:
2016-2023、スコア17/20

品種:シャルドネ100%
畑:0.70ha、複雑な土壌はマール、石灰、黄色・赤色の粘土、岩、砂利

 



ポマール・プルミエ・クリュ・クロ・デ・プチュール・モノポール
Pommard 1er Cru Clos des Poutures Monopole
ポマール・プルミエ・クリュ・クロ・デ・プチュール・モノポール

【ジャンシス・ロビンソン・テイスティング・コメント】:
淡いルビー。非常にリッチで楽しい。焼けた果実の香りで味わいは愛らしいフレッシュ・フルーツ。よく開いておりとてもチャーミン グ。シリアスで長期熟成タイプのポマールとは全く異なる、フレンドリーで野性味があり、バランスの取れた陽気なワイン。

飲み頃:
2016-2026、スコア17/20

品種:ピノ・ノワール100%
畑:0.66ha、プルミエ・クリュ・プチュールの中にある単独所有のクロ、粘土石灰質土壌

 
   

シュヴァリエ・モンラシェ・グラン・クリュ
Chevalier Montrachet Grand Cru
シュヴァリエ・モンラシェ・グラン・クリュ



【ジャンシス・ロビンソン・テイスティング・コメント】:
香りは比較的控えめで硬い柑橘。酸は非常に高いが果実味とのバランスが良い。純粋さと余韻の長さが感銘を与える。

飲み頃:
2018-2025、スコア17.5/20

品種:シャルドネ100%
畑:0.09ha、白い石灰が混さった、赤茶色の土壌

 


Copyright(C)2016 JEROBOAM Co., Ltd. All Rights Reserved